読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろまのこ

発達障害と医師からの診断を受けた23歳女の毎日。明るく前向きに生きることが目標。

昔の日記。

今の私が出来上がったワケ。

ADHDだと診断を受けたあの冬の日。

それまでの人間関係の辛かった出来事、全て自分のせいだと思ったし、

人と脳が根本的に違うのかー、と。よく素直だとか自由だとか、あと自分を持って生きてたの。自分はおっちょこちょいだから、自分の苦手なところは支えてもらおう、頼ろう。

その分相手が苦手なところは私がやろう。

そうか、こうやって出来てんだ世界は。

と思って生きてたので、私は自分でも言うけど甘えるのが上手だった。決して、わがままではなくて!多分!

 

 

 

でもそうだ。あの冬の日。

自分は人と欠けてるのかぁと、診断された日。

本当はそんなことないけどね、やっぱそう思っちゃうんだもん。

確かに人と考え方、感覚的に違う時はあった。

高校生の時はみんな変な人だったし自立してた人ばかりだったから気が付かなかった。

大学に入ってから、意識するようになったかも。特に女の子集団の中での振る舞いが苦手だったからなぁ。察して欲しいがわからないから。

でもそれも、脳が関係してるんだーって。

自分は人のことわかろうとしてたけど、わからないのか。

だから喧嘩したり、嫌な気持ちにさせてたのかと。

 

じゃぁ自分はもっともっと、他人がどう感じているか考えないと。

そしてそれをパターン化しよう。

こういう人はこう言われたら喜ぶし、変に思われないだろう。

そう言えば、それからだ。そんなこと考えて人と話すようになったのは。

 

 

 

話それた。

そう、昔の日記を読んだ。

そこにいた自分は、自分のことを大切に思っていた。びっくりした。キラキラしてるんだもん。過去のワタシ。

人に甘えて、自分もその分手を差し伸べればいい。そうやって補いあって助け合えばいい。

だからみんな違うんだ。助け合うためにみんな違うんだ。あたしボケてるけどいいんだ。そう思ってたのに。

特に驚いたのは、愚痴ったあとに、感情を抑圧してたら余計にややこしくなる!頭でなくて感情が大事!って書いてあったこと。今は真逆ですよ。すごいな。。。

 

 

自分が劣っているから。自分は人の気持ちがわからないから。だから相手が正しい。

無意識にそう思ってたみたい。自分を殺して生きてたの。

相手の意見、相手の気持ちと同じように自分の意見も気持ちもとっても大切なのに。

 

 

 

こんなこと全然思ってないと思ってたのにね!

恐ろしい、無意識。

 

 

 

まだまだおなかがギューーーーってなる。

苦しい。

ゆっくりゆっくり、昔のあたしみたいになりたい。

それよりもグレードアップ出来てると信じて。