のろまのこ

発達障害と医師からの診断を受けた23歳女の毎日。明るく前向きに生きることが目標。

友達はたくさんいたほうがいい?

発達障害持ちでアダルトチルドレンぽくもある私。
高校三年生で、自己肯定感が低い故の生きづらさなのだと気付いてから、
何度も自己肯定感安定したものにしたいと思いつつ、自分の考えを変えて、
昔よりはだいぶマシにはなったけれど、
それでもまだ、自分が自分に自信を持てないせいで、あらゆる問題が発生して、
ここでまた、本当に根本的な自信のなさを改善しなくては、と思っているところであります。


自信のなさって本当に本当にいろんな問題を引き起こす。


自分に自信がなくて、自分のことだめだって思って、そんなだめな自分を自分で受け止められないから、
他人の評価を気にしてしまうし、他人に自分を必要として欲しいと求めてしまう。
依存的にね、なってたんです、最近。


自分の下した決断に自信が持てなかったり責任を負いたくないっていう、
そんな弱い自分がいるから、他者にわかって!って求めてたんです。


前に、仲が良かった友人と喧嘩して。
根本的な部分の価値観の違いを、お互い認められてなくて、近付いて近付いて結局ぶつかって。
今そのことを考えると、やっぱり私が発達障害だったからかも、と思ったり。
(ここでまた自己肯定感が低くなる…笑)


発達障害の特徴?にもあったりするけど、でも誰にでもあると思いますが、
私は1人の時間がないと辛くて生きていけません。
家族といても、1人の時間は本当に必要。
1人になって、ぼーっとしてるようで頭ではたくさん考える時間。
たまに大学の用事で長時間人といる時または1人になる時間がない場合は、よくトイレの個室にこもります(笑)
完全に1人の空間。
でもこの時間が本当に必要だったりする。


でも、本当に本当に、自分が何も考えずに話しても大丈夫な人っているんですよね。
自分がぽんっと言ってしまって、
後になって、「あれ、これもしかしてまずかったかな、嫌な思いさせたかな…?!」
と思って、
「今の、そういう意味で言ったんじゃなくて(;゜0゜)」
と言うと、
「大丈夫大丈夫、のろまのこのことだしわかってるよ!」
って言ってくれた友人M。


女の子同士の付き合いって、
多分みんなそういう気を遣って話したりしてて、そういうものなんだって少し遅いんですけど、やっとわかって。それが私は少し苦手で…(´・ω・`)


その友人Mは、笑顔で毒を吐いてきたりはするけど、(髪パサパサじゃん!とか笑  )
でも、「特に悪意があったり、裏に何か意味を含んでいたりではなくて、ただ思ったり感じたことをポーンと言ってるんだ」
って思える友人で。だから、私が私でいられるんだなーって。
そういう気は遣わないけれど、私のことを大切に思ってくれてるんだっていう気持ちは感じる。
私もそれは同じ!

友人Mとは、同じ大学ではあったけれど、キャンパスが違う場所で、電車で一時間くらいかかる。
一年生の時は同じキャンパスで、二年生からキャンパスがわかれてしまったのです。
キャンパスが分かれてからも、私が用があって彼女の住んでいる市に行って、お互い時間が合えば会うだけ。
なので、一年に平均して一回しか会ってない…笑
それでも今、社会人になってからも仲良くしてもらってます!
すごいことだー!


大学四年生の秋まで。(2014年の秋ですね。)
友人とLINEで繋がっていなきゃ寂しいという気持ちだったりとか、
友達がいない自分は必要のない人間なのかとか、
仲良く出来ないのはこの脳の特徴のせいなんじゃないかとか。
そんなこと考えては落ち込んでいましたが。


私はたくさんの友達を作るよりか、
少数の大事な友人と過ごす関係を作るほうが向いているんだなぁと、
それでいいじゃん!と思えるようになりました。
相性ってどうしてもありますしね。
…と簡単に書いてはいますが、こう思えるようになるまで結構たくさん泣いたりもして。
こう思えるようになったキッカケというのが、それまで仲良くしていた友人に、
「空気が読めていない」
だとか、
「気を遣えない」
とか、
「自分がこうした行動をとったのはこういう意図をのろまに伝えたかったからだ」
と言われて、
まぁ私が本当に本当に誰にも言えないくらい気にしていたことを言われてしまって、
そこから、
この友人はさほど私のことを大事には思ってはいなかったんじゃないか?
と悩んだことなのですが。


なんだかまとまりのない記事でごめんなさい!
ではこのへんで。